5Sは事故を防ぎ簡単に売上げまで上げてしまう【徹底必須】

5S

会社、工場などの仕事現場で5Sをきっちり徹底するとリスクを下げリターンを上げます。

リスクとリターンのバランスが悪くなると、事故といった損失の可能性が上がり売上げも下がってしまいます。

こんなことにならないためにも5Sを徹底して、より良い方向に向かっていく必要があります。

 

今回は5Sの説明と、5Sを徹底することでどのように「リスクを下げる」=「事故・損失を防ぐこと」につながるのか、加えて「リターン上げる」=「売上げを上げる」のかを解説します。

5S

5Sは「整理、整頓、清掃、清潔、しつけ(躾)」のことを指します。

職場を管理するときに、最初に重要視すべきなのが5Sです。

5Sを守ることで日々の業務に良い影響が出てきます。逆に、5Sが守られていないと悪い影響が出てきます。

5Sの徹底は日々の業務中にも行うべきですが、もっとも時間をかけるべきなのは業務開始時と終了時になります。

5Sがきちんと徹底されているかを、従業員一人ひとりが確認していくことはもちろんのこと、監督者がしっかり見ていく体制も必要です。

それでは5Sについて一つずつ見ていきましょう。

整理

整理は「捨てる」ことを指します。

まず必要か不必要かでばっさりと分けます。分けたら不必要なものは別の場所に保管しておくか、または捨てます。

1つの職場環境の整理だけですから、不必要なものだといってあれもこれも捨ててしまう必要はありません。

保管場所が確保できるなら一時的にそちらに動かしてしまいましょう。

整頓

整頓は「ぱっと見てわかるようにする」ことを指します。

必要なときに絶対そこにある状態です。

たとえば職場に業務用のホッチキスがあるとします。使う人がその都度持っていき、そこにない状態だと次に使う人が困ります。

いつも同じ場所にあるようにしておくか、使っている間は使用中だということがわかる状態にしておくことが望ましいです。

清掃

清掃は「きれいにする」ことを指します。

使っていると汚れたり、機能が落ちたりします。そういうのを一度リセットします。

例えば、パン工場だったら、一つの機械でいろいろなパンを作ります。メロンパンのつぎはアンパン、アンパンの次はカレーパンと変わっていきます。

作るパンが切り替えるときに機械の「清掃」をします。メロンパンからアンパンならしなくてもよさそうですが、アンパンからカレーパンだと「清掃」してほしいですよね。ぼくはあんこがついたカレーパンは食べたくありません。

 

パン工場のたとえを出しましたが、これはなんにでも当てはまります。

のりがベタベタについたはさみだと次に切るものに付いちゃいますし、一日稼働した油まみれの厨房だとすべっちゃうかもしれません。

 

日々の清掃で異物を取り除いて、次の行動がスムーズにいくようにしておきます。

清潔

清潔は「整理・整頓・清掃を維持する」ことを指します。

整理・整頓・清掃は繰り返すことが大事です。

業務の開始と終了に必ず行うようにしておくといったルールを設定しておくといいでしょう。

しつけ(躾)

しつけ(躾)は「決めたことを守る」ことを指します。

ルールといってもいいでしょう。マニュアルなどを作って、みんなが徹底できる環境づくりをしておけば清潔な環境が保たれます。

5Sは事故・損失を防ぐ(リスクdown)

工場では年間でどれだけの人間が業務中に怪我をしたり、死んでしまったりしたかといったことを図る指標があります。

度数率とか強度率というのがそれにあたるのですが、この指標がよくないと経営にリスクがある状態となってしまいます。

従業員が怪我をしてしまうと普段の業務に支障が出ますし、死んでしまったりすると従業員がいなくなるわけですからストレートによくありません。

こういったリスクはなるべく小さいほうがいいに決まっています。

そのためにまず取り組まなくてはならないのが5Sです。

 

事故は日常のささいなことが積もり積もって起こるものです。

いつもはそこにないケーブルにつまずいて怪我をしてしまった。油に引火して巻き込まれてしまった。など、5Sを守っていれば回避できるリスクはいくらでもあります。

 

加えて、5Sを徹底していないとどんどん不効率にもなってしまいます。気づかないうちに経営にもじわじわとダメージを与えてしまいます。

5Sを徹底して不効率経営を回避しましょう。

5Sは売上げを上げる(リターンup)

5Sを徹底すれば環境がよくなります。

会社はいい事業アイデアがどんどん進み、工場はバンバン生産が進むので売上げがあがります。

これは5Sの徹底により従業員一人ひとりの行動がスマートになることが非常に大きいからです。何か特別なことをしなくても5Sを徹底するだけで成果でるので、やらない手はありません。

まとめ

5Sを意識して徹底していくことで、リスクを下げリターンを上げていきます。

 

しかし、今から5Sを導入するといった場合はそれなりの労力が必要となってきます。時間とお金がいくらかかります。

5Sに特化した本や専門化の知恵を借りてみると近道ができるかもしれません。

普段の生活に5Sを取り入れることもできます。とても良い効果を出してくれますので、ぜひ試してみてください。

5S

ABOUTこの記事をかいた人

畑本アントニールイス(アント)Antony Louis Hatamoto/2015.10〜広島県三次市地域おこし協力隊/中小企業診断士をTACで学習中(2017合格予定)/主に地域おこし、情報発信、経営の3点に関連した情報を研究、発信します/田舎での起業、経営に特化したコンサルタント(協力隊任期後)