断捨離でいらない本をごっそり捨てます

本の断捨離

本格的に引越しを始まるので、その前にいらない本をバンバン捨てようと思います。

本の断捨離

そもそも断捨離ってなんなんでしょう。

「断」=「たつ」流れを断つということですね。ということは今後無駄な本は買わないということですね。

「捨」=「すてる」不要な物を処分するということですね。でもどうやって不要だと決めるのでしょうか?

「離」=「はなれる」執着から離れるということですね。なるほど執着するることから「離れて」「捨てる」と考えるとすっきりしますね。

これを持っている本に当てはめていき、バンバン不要な本を処分していけばOKということですね。

これからはKindle本にしてしまおう

本が邪魔だと思うのは圧倒的なスペースなんですよね。一冊ならそんなに邪魔じゃないんですが、何十冊、何百冊になっちゃうと本棚がパンパンに。

だったらそういう環境をこれからは捨ててしまいましょうかね。

これからは全部Kindle本にして、本棚も捨てます。そうすれば部屋がスッキリしますね。

次回の引越でもどの本を断捨離しようかなという手間も省けますのでよさそうですね。

断捨離と言っても捨てたわけじゃないですよ。きちんと売りました。

 

本の断捨離

ABOUTこの記事をかいた人

畑本アントニールイス(アント)Antony Louis Hatamoto/2015.10〜広島県三次市地域おこし協力隊/中小企業診断士をTACで学習中(2017合格予定)/主に地域おこし、情報発信、経営の3点に関連した情報を研究、発信します/田舎での起業、経営に特化したコンサルタント(協力隊任期後)