Youtubeで投稿した動画の中から優良動画を見つける方法

Youtubeで配信した動画の中から優良動画を見つける方法

投稿した動画のどれが良い出来だったのか気になる!

視聴者が「お!良いじゃんこれ!!!」と思ってくれた動画が知りたい!

それがわかればもっと良い動画ができる!

カギは視聴者維持率

Youtubeが再生回数よりも重要視しているのが「視聴者維持率」です。YouTube クリエイター アカデミーでもがっつりそこのところは紹介されています。

視聴者維持率とは「どれだけ動画を止められることなくずっと見てもらえたか」をあらわしています。

視聴者維持率が高い動画は、検索内で上位表示されやすく、また関連動画としても他の動画の最後やサイドバーに表示されやすくなります。

視聴者維持率の利用方法

クリエイターツールにアクセスしたら、左のメニューから「視聴者維持率」を選びます。

視聴者維持率にアクセス

上位10の動画に注目

そしたら次に少し下にスクロールして、動画のタイトルがたくさん並んでいるところから上位10の動画に注目します。

上位10に注目

動画→推定再生時間(分)→平均視聴時間→平均再生率(%)という順番に並んでいるので、その中から一番平均再生率が高い動画をピックアップします。

ボクのYoutubeチャンネルでは『買い直しは嫌だ!失敗しない外付けハードディスクの選び方&BUFFALO USB3 0開封レビュー 』が一番平均再生率が高い動画になります。

 

したがって、この動画を参考にすればまた同程度のクオリティーの動画ができます。

100%越えはダメ

平均再生率が100%を超える動画にも実は落とし穴があります。

 

100%を超えるということは「巻き戻し」をされていることを意味します。再生しているタブを少し戻したりしているわけです。

巻き戻し

ではなぜ巻き戻すのか?

 

それはわかりにくい場所があったからです。「え?いまなんて?」と思われちゃったのです。

ようするに100%越えは「必死になって確認したい情報なのに、わかりにくいんじゃこの動画!こらぁー!!!!」となっている状態です。

あぁーこれではいけません。せっかく視聴者が食いついてくれているのにもったいない!ダメな場所は改善しましょう。

ダメな場所の見つけ方

先ほどの上位10の動画の中から見つけた100%越えの動画をクリックします。

タイトルをクリック

「絶対的な視聴者維持率」にアクセスできますので、そこに表示されているグラフを確認します。

絶対的な視聴者維持率

そうすると(1:21~1:35)あたりにボコッと盛り上がっているところを確認できます。

異常な巻き戻し

ここが視聴者が「え?いまなんて?」と思った場所です。

ここにこの動画の改善点があります。

あとは研究するのみ

ダメだ!という場所がわかったのなら、あとはひたすらそのあたりを何回もみて、何がダメだったのかを研究します。

そうして良いところはまねて、ダメなところは改善して次の動画作りに挑ます。

 

以上で「視聴者維持率」を利用した優良動画を見つけ、次回の動画作りを格段に向上させる方法でした。

Youtubeで配信した動画の中から優良動画を見つける方法

ABOUTこの記事をかいた人

畑本アントニールイス(アント)Antony Louis Hatamoto/2015.10〜広島県三次市地域おこし協力隊/中小企業診断士をTACで学習中(2017合格予定)/主に地域おこし、情報発信、経営の3点に関連した情報を研究、発信します/田舎での起業、経営に特化したコンサルタント(協力隊任期後)