良い仕事がしたいって!?なら、削りな (V)o¥o(V)

斬

ノリにのってるときは【SEX MACHINEGUNS】を爆音にして、下界との全てを断つアントです。

そんなノリにのってるときは、すさまじく良い仕事ができるんですよ(自負)

でもですね、その先もう一歩良い仕事を実現するためにはあることが必要なんですよ。

それが「削り」です。

削る前に全て吐き出す

へぇー削ればいいんだ!と思った方、いえいえその前にしなくてはいけないことがあるんですよ。

それが自分のお腹の中にある全てを吐き出す作業です。

 

例えば、ブログを書くぞー!と思ったら、だいたいこんなことを書くぞと思ったら、あとは一心不乱

「あーーーーーーたたたたたたたた!!!!!!!」

激しいタイピング

キーボードがぶっ壊れるぐらいのタイピングで、余計なことまで書いて書いて書きまくりましょう。

 

途中で『え、どうだろうか?』なんて雑念に襲われないでください。

いいんです!その『え、どうだろうか?』はあなたの素です。無視しても大丈夫です。

書いて書いて書きまくりましょう。

吐き切ったら深呼吸をして冷静に眺める

白熱した吐き出し作業が終わったら、冷静になるために深呼吸をしましょう。

 

  1. 鼻から肩が上に動くくらい息を吸い込みます
  2. 吸い切ったところで0.5秒だけ息を止めます
  3. そーっと、かつ深く息を口から吐きます

 

「はぁーーーーーーーーーーーーーーー!」

深呼吸

よし、これで冷静になれたはずです。

これでも頭から煙が出ている人はアイスバケツでよろしくお願いします。

 

それでは、冷静になれたら今書いた記事を眺めます。

修正ではなく削る

良い仕事のポイントは修正ではなく、削るです。

自分のお腹の底から出した全てのパワーを殺さず良い仕事に仕上げるためには、あなたの吐き出しを残す必要があります。

したがって、修正ではなく削る。これで全ての仕事を再度チェックし直しましょう。

 

これであなたの仕事は格段にレベルアップします。

修正は悪

修正は悪です。

修正を毎回していると、あなたのオリジナル性が仕事から消えてしまいます。

修正を施す思考は「一般化と客観性を欠いていないかという視点」になります。

 

ちょっと難しい書き方をしてしまいましたが、ようするに他人に見られて批判されないようにするのが修正です。

批判のない仕事は、逆もありません。

 

逆は「好きだ!」になります。

【あなたの仕事最高!まじあんた好きだよ!またあなたと仕事したい!】と思われたかったら、逆の【オマエの仕事最悪!まじオメー嫌いだよ!二度とオマエと仕事なんてしたくない!】を恐れないことです。

よし、まとめようじゃないか!

1.スーパーサイヤ人3になって全てを吐き出す

2.気を抑えてスーパーサイヤ人3を解く

3.手刀でいらないところだけ削ぎ落とす

 

批判を恐れるな!俺も最高だけど、あんたはもっと最高だよ!

実は知ってたんだろ?(フフフ

斬

ABOUTこの記事をかいた人

畑本アントニールイス(アント)Antony Louis Hatamoto/2015.10〜広島県三次市地域おこし協力隊/中小企業診断士をTACで学習中(2017合格予定)/主に地域おこし、情報発信、経営の3点に関連した情報を研究、発信します/田舎での起業、経営に特化したコンサルタント(協力隊任期後)