ぞうきんの作り方・縫い方(誰でも簡単即出来上がり!)

雑巾制作

使い古したタオル。

くたくたになって、へんな繊維がピロピロと出たような状態のタオル。

しかも、水の吸いがなんだか悪くなったタオル。

そんなタオル。誰の家にだって一枚や二枚はあるものですよね。

そんなお役目ごめんなタオル。どうしますか?捨てますか? 捨てる前にもう一度手に取って眺めてみてくださいよ、そのタオル。

 

どうですか?思い出が詰まってたりしませんか?

 

「あぁー、あの時このタオルで彼女の背中を拭いてあげたっけ」

「そしたら彼女が(ありがとう)って言ってくれたんだよね」

「オレ・・・まだ彼女ができたことないけど」 (いやいやこわい、こわいって)

ということで、そんな思い出いっぱいのタオルを再生してしまいましょう。

ぞうきんとして再生して、今度は彼女が作ってくれる料理が並ぶ食卓をきれいに拭いちゃったりしましょう。

 

「その前に彼女を作らないと・・・」

タオルを四つ折りにする

タオルを四つ折りにする①

それでは最初にタオルを四つ折りにしましょう。

タオルを四つ折りにする②

一度折ったら、もう一度同じ方向におります。

タオルを四つ折りにする③

二回目はバラバラになるといけないので、足の上などで安定させておくと失敗が少なくきれいに折れます。

まわりを縫っていく

今回は手縫いじゃなくて、ミシンを使います。もしミシンを持っていなかったら(↓)買ってください(真顔)

四隅から縫っていく

しっかり二回折れたら、次はまわりを縫っていきます。

四隅にそって縫っていく

上の画像のように上下左右5ミリから1センチのところを縫っていきます。

 

×点に縫っていく

×点に縫う

まわりが縫えたら、次は中身がバラバラにならないように縫っていきます。

このように×点に縫う

このように×点になるように縫っていきます。

完成

雑巾できた

折って、まわりを縫って、×点に縫うだけ。

これだけでぞうきんはできてしまいます。

非常に簡単ですのでぜひチャレンジしてみてください。

もっとわかりやすい【動画】はこちら→https://youtu.be/1BF2gCkvQlc

あなたのぞうきんライフに幸あれ!

雑巾制作

ABOUTこの記事をかいた人

畑本アントニールイス(アント)Antony Louis Hatamoto/2015.10〜広島県三次市地域おこし協力隊/中小企業診断士をTACで学習中(2017合格予定)/主に地域おこし、情報発信、経営の3点に関連した情報を研究、発信します/田舎での起業、経営に特化したコンサルタント(協力隊任期後)