Youtubeの撮り方「六の怪-ブランコ」ネタバレ&作り方

Youtubeの撮り方「六の怪-ブランコ」

それでは「Youtubeの撮り方「六の怪-滑り台」ネタバレ&作り方」に続きまして「ブランコ」もいってみましょう。

あ、くどいようですが「【心霊】六の怪」に収録されている「ブランコ」のネタバレです。

動画の流れ

誰もいないはずの公園でブランコがひとりでに動きだす。いたってシンプルな作りです。

でも、想像してみてくださいよ。例えば、一人で公園のベンチに座っているときに昼でも夜でもいいですが、ひとりでにブランコが動き出したら。しかも一つだけ。

鳥肌もんです。

動画の取り方

動いていないブランコと動いているブランコを後から良い具合につなぎ合わすので、あえて視界不良な感じであまり詳細が見えないようにしました。

ブランコ不動

これが動いていないブランコで

ブランコ動

これが動いているブランコになります。

動画の作り方

動いているブランコと動いていないブランコがちょうど重なる瞬間に動画をつなぎ合わせます。シンプルです。

ブランコを動かすアント

この写真をよく見てもらったら分かる通り、途中ボクがブランコを動かしにいっています。

動かしたらすぐに映像からいなくなり、あとは撮影を続けるだけです。

合成のポイント

シンプルと言いましたが、でも実はポイントがあります。

つなぎ合わせの部分をスローにしています。

つなぎあわせ

ちょうどこの部分は、ブランコが動き出す瞬間です。この瞬間をスローにすることで「ブランコが動き出した!」という感じをより深く実感することができます。

ブランコが動いているときに聴こえている「音」ですが、実はこれ実際の音ではありません。後から追加した音です。

実際ブランコを動かしてみたらわかりますが、人が乗っていない状態のブランコは音がほとんど鳴りません。

したがって、人が乗っている感じ出すために「音」を追加しました。

音追加

撮影秘話

ブランコを撮影した公園ですが、実際は立ち入り禁止でもなければ、さびれた感じもありません。

昼間のブランコ

ほら、とっても楽しそうなカラフルなブランコでしょ。

 

ハッピー(黒ラブ)をいつも散歩するコースにある、昼間は子供たちがワイワイと遊んでいる場所です。

そんな楽しげな場所を恐怖で仕上げてしまう。うふふ、なんて楽しい作業なんでしょう(変態)

 

Youtubeで動画を出すときに何が楽しいって、撮ってきた素材を自分で料理(編集)して、思い通りな感じにする作業なんですよね。

いくら楽しげな場所でも恐怖のどん底に仕上げてしまう。これからもこのような作業(変態)を定期的に続けていきたいと思います。うふふ

Youtubeの撮り方「六の怪-ブランコ」

ABOUTこの記事をかいた人

畑本アントニールイス(アント)Antony Louis Hatamoto/2015.10〜広島県三次市地域おこし協力隊/中小企業診断士をTACで学習中(2017合格予定)/主に地域おこし、情報発信、経営の3点に関連した情報を研究、発信します/田舎での起業、経営に特化したコンサルタント(協力隊任期後)