企業参入増加に?YouTubeから301問題がなくなりました

YouTubeを愛してやまない方ならだれでもこの数字を見たことがあるでしょう。

 

この数字301は、すさまじい再生数を稼ぐ動画によく出現します。

YouTubeが意図的に止めている

YouTubeが一旦ここで再生数を止めて、再生数の真意を確認の上、正しい再生数に戻すのが目的です。

これをやる理由は、動画に関わるボットやスパム対策です。

これからのYouTube

今まではいったん止めて再生数を解析して、OKを出すという方向でした。
でもこのたび(2015年8月)この301問題は解決されたとの発表がありました。

多方面から非難されていた301

今までこの301問題はYouTuberなどからかなりの不満があったので良い改善だと言えます。

企業参入が増える!?

企業など、組織でYouTubeに参入しているところも即座に動画の解析ができ、これからもっともっとYouTubeへの注力が注目されると考えることができます。

実際、Googleの業績発表で動画広告を出す広告主の数がからもうかがい知れます。(2015年は40%増)
インターネットでの成功に動画は必須だ!という時代はもう来ていますね。

ABOUTこの記事をかいた人

畑本アントニールイス(アント)Antony Louis Hatamoto/2015.10〜広島県三次市地域おこし協力隊/中小企業診断士をTACで学習中(2017合格予定)/主に地域おこし、情報発信、経営の3点に関連した情報を研究、発信します/田舎での起業、経営に特化したコンサルタント(協力隊任期後)