Youtubeのアップロードと一緒に作り込みたい説明文の書き方

Youtubeのアップロードと一緒に作り込みたい説明文の書き方

Youtubeの説明文は再生ページのちょうど下にあるものになります。

説明文

この説明文を効果的に使うことがYoutubeを成功させるためには重要です。

パッと見2~3行が勝負

説明文は「もっと見る」をクリックするまではたたまれた状態です。「もっと見る」をクリックして初めて全容が出てきます。

でも実は「もっと見る」で出てくる文章にはほとんど意味がありません。

意味があるのは「もっと見る」をクリックする前に表示される2~3行になります。

この2~3行で動画の運命が決まってしまいます。

検索に影響する

耳を疑う話ですが、Youtubeはプログラムを使って動画の内容を解析しているらしいのです。しかし、その精度はまだまだ疑わしいものです。

そこで動画の内容よりももっと重要視されるのが、説明文に掲載されている2~3行になります。

Youtubeは動画の内容とともに説明文の2~3行もしっかり検索の材料にしています。

したがって、検索に引っかかって見てもらうためには、説明文の2~3行で動画の内容がわかる必要があります。

チャンネル登録者はフォーマットに飽きている

動画を気に入ってもらった人が再度あなたの動画を訪れたときに、いつもの同じ「SNSのリンク」と「チャンネル登録お願いします」なんていうフォーマットが説明文にあったらどうですか。

はっきり言って飽き飽きですよね。

 

じゃあ、動画の内容がちょっとわかって、期待感をあおる内容が説明文に書いてあったらどうですか?

普通に動画を見るよりも満足感がぜんぜん違いますよね。

説明文の書き方

そうすると説明文には書き方があることになります。

3行目までにキーワードを入れる

動画の関連キーワードがトップにくるようにするのがポイントです。より前にあればあるほど効果的です。

「もっと見る」に残りを入れる

4行目以降、関連リンクや補足情報を書いたら、その後ちょうど最下層にチャンネル登録やSNSリンクなどを置くのが理想的です。

リンクは必ずしもいらない

SNSや自分のブログといった動画を再度見てもらうためのリンクならいいのですが、そうではないリンクは置かないようにしましょう。

たとえば動画内である商品を紹介したからといって、よかれと思い商品を出している会社のリンクを貼ったとします。

さて、その会社のリンクが動画の再生数を延ばしてくれるでしょうか?むしろ、あなたの動画の再生数が減ってしまう可能性は大いにあります。

 

アフィリエイトのリンクなど、商品を購入してもらって自分にもメリットがあるといった話ではない場合、全く関係ないリンクは全削除でも問題ありません。

リンクは自分のために設置するようにしましょう。

Youtubeのアップロードと一緒に作り込みたい説明文の書き方

ABOUTこの記事をかいた人

畑本アントニールイス(アント)Antony Louis Hatamoto/2015.10〜広島県三次市地域おこし協力隊/中小企業診断士をTACで学習中(2017合格予定)/主に地域おこし、情報発信、経営の3点に関連した情報を研究、発信します/田舎での起業、経営に特化したコンサルタント(協力隊任期後)